大会概要

実行委員長のご挨拶

DSCF7042

真鶴フリーダイビングフェスティバル実行委員長の岡本美鈴です。
私は15年前、初めてフリーダイビングで真鶴の海と出会いました。
現在も真鶴を拠点とし日本代表として競技活動も続けておりますが、カナヅチだった私がここまでこれたのは「真鶴の海」と、真鶴の皆様、支えてくださる関係者皆様のおかげでです。
今後さらに、世界一への挑戦を続けながらも、フリーダイビングの魅力を広く知って頂き、地域貢献ができる「スポーツ文化」にしたいという気持ちからこのたび「真鶴フリーダイビングフェイスティバル」を開催することにいたしました。フリーダイビング競技は深さを競う競技性もありますが、「自然と人が調和する」楽しく、美しいマリンスポーツでもあります。海へ潜ってゆく人の姿は誰が潜っても海洋生物のように美しいものです。
この大会では選手を応援する方も、水中の様子を海上で応援できる世界初の観戦方式を取り入れます。
ぜひ真鶴へお越しください。練習を重ね一息で素潜りをしてゆくフリーダイバーの姿、お林の恩恵を受ける生命豊かな海の魅力、海の幸や観光も楽しめる真鶴を味わって頂ければ幸いです。
このスポーツの醍醐味を共有し、全ての世代の方々にこの競技と真鶴の魅力を味わって頂ける「海のお祭り」にしたいと考えております。

フリーダイビング日本代表・岡本美鈴を(運営)実行委員長に、神奈川県足柄下郡・真鶴町の全面バックアップを受けて、 「真鶴フリーダイビング・フェスティバル2017」を初開催!

欧州では人気スポーツのフリーダイビングですが、日本国内では競技人口300名程のマイナー競技、これを地域総出の協力体制で開催致します。世界初となる、水中映像を含めたリアルタイム中継を実現。多くの方々に間近に競技を観て頂けます。
人間の精神力・体力の限界を極める自然相手の競技に御注目を!

フリーダイビング競技は100m以上の深度のある海域でしか開催できませんので、船で沖合に出る必要が有り、これまで選手・関係者以外は競技状況を観る事ができませんでしたが、今回、インターネットライブ中継で競技の状況をリアルアイム配信!

自然相手のフリーダイビング競技に御注目下さい。

開催概要

大会 真鶴フリーダイビング・フェスティバル2017
主催 真鶴フリーダイビングフェスティバル実行委員会(実行委員長:岡本美鈴)
協賛 Gull(株式会社キヌガワ)
協力 (有)ロッキーマリン、(株)真鶴ベイマリーナ、(株)MMS
後援 神奈川県県西地域県政総合センター、真鶴町、真鶴町観光協会、真鶴町商工会、岩漁業協同組合、真鶴漁業協同組合
広報協力 (株)スポーツゲイン
日時 2017年7月8日(土)大会(荒天時は、翌9日(日)に順延)
※翌日9日(日)に「真鶴ツアー」実施(荒天時も実施)
場所 神奈川県足柄下郡・真鶴町岩港沖
事務局 神奈川県足柄下郡真鶴町岩
観戦 近隣マリーナから出港する観戦ボート上から観戦可能(有料)
選手数 約20名
競技種 3種目(コンスタントウェイトフィンあり、フィンなし、フリーイマージョン)
公式web http://manazuru-freediving.com
情報web https://www.facebook.com/manazurufreediving/

お問合せ先

運営 真鶴フリーダイビング・フェスティバル実行委員会
事務局 神奈川県足柄下郡真鶴町岩
広報 株式会社スポーツゲイン(担当:岩田)
東京都港区赤坂4-2-8カランドリエビル4F
TEL:03-6426-5066/E-MAIL:iwata@sportsgain.jp