フリーダイビング紹介

フリーダイビングとは

フリーダイビングとはエアタンクを使用しない、いわゆる素潜りのスポーツです。

ヨーロッパでは「アプネア」とも呼ばれています。
息を吸って止め、カラダひとつで海へ潜る。
呼吸音も無いその静かな青い宇宙に、ふんわり浮かぶ自由な感覚を味わえるのが 「素潜り=フリーダイビング」の魅力でもあります。

素潜りの歴史は古く、紀元前の地中海では素潜りによる漁が行われてきました。
また日本の海女漁も1~3世紀頃から伝わる素潜りの文化として有名です。 スポーツ競技としてのフリーダイビングは、約60年前にヨーロッパから始まりました。
イタリアの漁師の素潜り比べが起源だと言われています。

フリーダイビングは、人と海の関わりと共に発展してきたのです。
フリーダイビングはスポーツとしての競技を指す場合と、競技ではないレジャー目的や様々なスキンダイビングを含め総称する場合があります。
種目としては海の種目とプールの種目があり、全て息を止め、その時間や深度や距離を競う競技です。
ここでは今大会で行なわれる海洋の3種目についてご紹介します。

コンスタントウエイト ウィズフィン Constant Weight With fins(CWT)

mimi-9220

フリーダイビングの代表的な種目のひとつ。フィンを使い、人の力のみでガイドロープ沿いに潜り、その深さを競うもの。 フィンは2枚フィンやイルカのヒレのようなモノフィンなど、どのタイプを使用しても良い。 ウエイトの使用は自由だが、競技中は常に一定でなければならないため、コンスタントウエイトと呼ばれる。

コンスタントウエイト ウィズアウトフィン Constant Weight Without fins (CNF)

CNF2

フィンなど推進力のつく器材は一切使わず、ガイドロープを手繰ることもせずに、自力で潜り浮上しその深さを競う種目。深度競技に必要な要素に加えて 水泳技術や身体能力も必要とされるため、深度競技では難易度のある種目と言われる。

フリーイマージョン Free Immersion (FIM)

FIM3

フィン無しでガイドロープを手繰りながら潜り、手繰りながら浮上してその深さを競うもの。